行政書士法人青藍会近藤関口事務所のホームページへようこそ!!会社・法人設立の運営許認可申請・入管業務・労働保険・社会保険・労務相談は私たちへお任せください。

qrcode.png
http://seirankai.com/
モバイルサイトにアクセス!
行政書士法人
青藍会近藤関口事務所
社会保険労務士法人
青藍会近藤事務所
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24
小峰ビル2階
TEL.048-825-2551
FAX.048-825-3561
 

遺言書

 

遺言書のポイント

遺言書のポイント
 
  現代人の権利意識の強まりとともに、家族間・親族間での遺言をめぐる相続争いがめっきりと多くなってきています。
  こういった争いを未然に防ぐ手段として、遺言書の重要性が人々の間で広がりつつあります。
それでも、「自分はまだ元気だから関係ない」「遺言書を書くなんて縁起でもない」などと無関心な方もたくさんおられます。『遺産相続』が『遺産争続』にならないためにも、元気なうちから準備をしましょう。

備えあれば憂いなし!

でも、正しい知識がなければ、逆に無用の争いになりかねません。
一般的な遺言書には、「自筆証書遺言」・「公正証書遺言」・「秘密証書遺言」の3種類があります。それぞれの主な長所・短所は次のとおりですので、参考にして是非今のうちから準備されることをお勧めします。
 
「自筆証書遺言」
   
長所 短所
一人でいつでも簡単に作れます。 紛失したりするおそれがあります。
遺言したいことを秘密にできます。 すべて自筆、などの決まりがあり、形式に不備があれば無効になります。
自分で書くので費用がかかりません。 相続人は、遺言書を家庭裁判所に持ち込んで"検認"という手続きをとる必要があります。
   
「公正証書遺言」
   
長所 短所
公証人が作成し、保管しますので確実で安心です。 印鑑証明書や証人が2人必要、など手続きが煩雑な面があります。
字を書けない人でも心配ありません。 作成費用がかかります。
自筆証書遺言のように"検認"の手続きがいりません。 遺言の内容を2人の証人に知られます。
   
「秘密証書遺言」
   
長所 短所
遺言内容をだれにも知られない。 内容について公証人の指導がないので、後々紛争の可能性があります。
公証人の手を経るので偽造等の危険はありません。 承認が2人必要、など手続きが煩雑です。
署名が自筆であれば、内容はタイプでも有効です。
   
遺言Q&A
<<行政書士法人青藍会近藤関口事務所>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル2階 TEL:048-825-2551 FAX:048-825-3561