行政書士法人青藍会近藤関口事務所のホームページへようこそ!!会社・法人設立の運営許認可申請・入管業務・労働保険・社会保険・労務相談は私たちへお任せください。

qrcode.png
http://seirankai.com/
モバイルサイトにアクセス!
行政書士法人
青藍会近藤関口事務所
社会保険労務士法人
青藍会近藤事務所
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24
小峰ビル2階
TEL.048-825-2551
FAX.048-825-3561
 

公益認定移行

 

公益認定移行のポイント

公益認定移行のポイント
 
特例民法法人の移行認定・認可申請はお任せ下さい
  貴法人の公益法人・一般法人への移行認定・認可申請に当事務所は次のような役割を果たします。
 
1.行政手続きのプロとしての役割

  移行認定・認可を受けるためには『新公益法人法』、『整備法』、『関連施行令』、『関連施行規則』に加え、申請Q&Aなども読み解く必要がありますが、かなりの量があり時間と労力を要します。
  私ども行政書士は、行政手続きのプロとして、関連法令や認可の状況を常に研究、分析しており、貴法人の疑問に的確にお答えし、貴法人が最も合理的に最短の作業時間で移行の認定・認可を所得できるようサポートいたします。

 2.許認可申請のプロとしての役割

  移行認定・認可申請を一言で表現すると、法人が実施する公益目的事業について、法令の要件を充たしている理由を『文章』で証明し、それを「収支相償」、「公益目的事業比率」などの『数値』で裏付けるという作業になります。

  審査は、書類審査です。いかに説得力がある申請を提出でるかがポイントになります。私ども行政書士は、貴法人の顧問税理士・会計士と連携して、説得力のある申請書作りをサポートいたします。
  税務・会計についてのサポートもご希望であれば、公益法人会計・税務に精通した当事務所が提携している税理士法人をご紹介申し上げます。

 3.プロジェクトマネージャーとしての役割

  移行認可申請作業は、大きく準備段階と審査段階にわかれ、ほぼ1年がかりの長丁場になります。一つの大きなプロジェクトといえます。作業を効率的に進めるためには、スケジュール管理が重要です。私どもの事務所では、1年を超える許認可申請の経験を積んでおり、プロジェクトマネージャーとして、貴法人の事務局をサポートいたします。

  以上私どもは、移行の準備段階から、答申取得・公示に至るまで一貫して貴法人の一般法人・公益法人への移行をサポートします。

主なサービス内容は次の通りです。

1.準備段階

(1)定款見直しに関する助言

(2)組織見直しに関する助言

(3)電子申請の登録手続き

(4)法人内準備会アドバイザー

      ①法人内説明会実施

      ②公益事業、実施事業、その他事業等の分類サポート

      ③収支計画等計数算出のサポート

      ④プロジェクト進捗状況管理

      ⑤移行後の定期報告に備える規程類等の整備サポート

      ⑥申請書作成上の疑問解明

      ⑦その他準備作業にかかる業務

(5)理事会等へのオブザーバー参加と助言

(6)申請書の作成

(7)旧主務官庁との折衝

(8)電子申請の代理申請

 2.審査開始から答申取得まで

(1)旧主務官庁との折衝

(2)審査委員会の指示への対応(追加書類作成を含む)

(3)申請内容変更手続き 

 3.公示まで

(1)答申取得後、法人名称変更等の登記手続きの取次ぎ

(2)登記完了報告の提出
<<行政書士法人青藍会近藤関口事務所>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル2階 TEL:048-825-2551 FAX:048-825-3561