行政書士法人青藍会近藤関口事務所のホームページへようこそ!!会社・法人設立の運営許認可申請・入管業務・労働保険・社会保険・労務相談は私たちへお任せください。

qrcode.png
http://seirankai.com/
モバイルサイトにアクセス!
行政書士法人
青藍会近藤関口事務所
社会保険労務士法人
青藍会近藤事務所
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24
小峰ビル2階
TEL.048-825-2551
FAX.048-825-3561
 

在留特別許可・仮放免許可

 

在留特別許可・仮放免許可のポイント

在留特別許可・仮放免許可のポイント
 
 在留特別許可という「申請」は、ありません。

日本に滞在する外国人で有効な在留資格がない場合、つまりいわゆるオーバーステイの方は、入管法(出入国管理及び難民認定法)違反ということで日本から出国することを前提とした退去強制手続きを受けることになります。しかし何らかの理由で「このまま日本に残りたい、生活していきたい」という旨を申し出ることもできます。これは、あくまでも申し出であって、申請ではありません。理由も日本人と婚姻した等の「特別な事情」に限られ、不法残留者や不法入国者の誰もが許可の対象になるわけではありません。

「在留特別許可」とは、退去強制手続きの中で、オーバーステイの外国人の過去における出入国状況や在留状況、現在の日本における生活の安定度等が厳しく調査され、法務大臣の裁量により許可される(出入国管理及び難民認定法第50条1項3号)特別手続きなのです。

注意 ※外国人登録をしていなければ、「在留特別許可」を願い出ることはできません。
 
仮放免許可
不法在留者、不法滞在者などの入管法に違反している外国人は収容され「退去強制手続」をとることになりますが、健康上の理由、あるいは入管による人道的判断により一時的に収容を停止して手続きを進めることが認められています。これを「仮放免」といいます。

条件 ・保証金(300万円を超えない範囲)入国管理局に納付する
        ・収容されている者、またはその親族ないし代理人が入国管理局に申請する。

許可されると… →
「住居」「行動範囲」「出頭義務」「期間」などの制限を受けることになります。
<<行政書士法人青藍会近藤関口事務所>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル2階 TEL:048-825-2551 FAX:048-825-3561