行政書士法人青藍会近藤関口事務所のホームページへようこそ!!会社・法人設立の運営許認可申請・入管業務・労働保険・社会保険・労務相談は私たちへお任せください。

qrcode.png
http://seirankai.com/
モバイルサイトにアクセス!
行政書士法人
青藍会近藤関口事務所
社会保険労務士法人
青藍会近藤事務所
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24
小峰ビル2階
TEL.048-825-2551
FAX.048-825-3561
 

相続・遺言

 

相続の準備・遺言作成をサポート

相続の準備・遺言作成をサポート
 
http://seirankai.com/files/lib/2/21/201608041906175622.gif
 
将来の相続に備えて遺言書を書くべきか迷っている。
遺言書は書いたほうが良いか?
遺言書はどう書けばよいか?
遺言書の通りに相続されるものなのか?
 
父が亡くなった。
遺言書がある。どうしたらよいか?
遺言書がない。財産を相続するにはどうしたらよいか?
遺産分割協議書はどのように作ればよいか?
 
自分は今は元気だが、いずれぼけるかもしれない。
ぼけた後のお金の出し入れや、介護の手配を長女に頼みたいがどうすればよいか?
 
妻が認知症で自分が面倒をみている。
自分が死んだ後は子どもたちに妻の面倒をみてもらいたいのだが、心もとない。しっかり面倒をみてもらう方法はないだろうか?
 
父は同居して介護している私に家を譲ると言ってくれている。
父は遺言書にその旨を書きたいと言っているが手が麻痺していて字が書けない。どうしたらよいか?

長寿社会のシニア世代にとって、財産は、まず本人と配偶者の人生を支えるものでなければなりません。相続や遺言は、自分の死後への備えと考えがちですが、むしろシニアが、平穏な人生を送るための「魔法の杖」です。 上記のような悩みは、相続、遺言、任意後見契約を上手に組み合わせることで解決できます。行政書士法人青藍会近藤関口事務所に是非一度ご相談下さい。
<<行政書士法人青藍会近藤関口事務所>> 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル2階 TEL:048-825-2551 FAX:048-825-3561